【広告マネージャー v2】URLパラメータを動的に設定する方法

広告マネージャー v2

計測ツールでURLパラメータとして動的な値を使用する

SmartNewsでは、第三者計測ツールを使用して広告パフォーマンスを追跡する場合、遷移先ページのURLパラメータとして動的変数(マクロパラメータ)を利用することができます。これにより、計測ツールが SmartNewsのキャンペーンや各広告項目を識別できるようになります。

動的変数

SmartNews Adsでは、各情報項目のIDを配信時に動的に置き換えることができます。

例えばURLの中で {click_id} のように記述すると、実際の配信時には1234のような実際のクリックIDに変換されて動作します。

※中括弧 { } で囲まれた中には、具体のIDを入力する必要はありません。動的変数としてclick_idを二重の波括弧 { } で囲んで入力すると、URLが計測ツールに送信される際に実際の値に展開されます。

サポートされている動的変数

オブジェクト変数GoogleAnalyticsの例
広告アカウントad_account_id…utm_ad_account_id={ad_account_id}…
キャンペーンcampaign_id…utm_campaign_id={campaign_id}…
広告グループad_group_id…utm_ad_group_id={ad_group_id}…
広告ad_id…utm_ad_id={ad_id}…
クリックclick_id…utm_click_id={click_id}…

例えば、キャンペーンIDと広告IDの情報をGoogleAnalyticsに送信するには、以下のようなスキームを広告リンクURLに使用します:

複数のパラメータをアンパサンド(&)で結合して一緒に送信することができます。上記の例では、SmartNewsの広告IDとその親キャンペーンIDの両方が計測ツールに返されます。

広告マネージャー v1でサポートしていた動的変数

広告マネージャー v1では、広告オブジェクトを指すために異なる動的変数がサポートされていました。これらの動的変数を使用しているURLは、キャンペーンを広告マネージャー v2に移行すると自動的に新しいバージョンに変換されます。

▼名前が変更されたパラメータ

広告マネージャー v1の動的変数広告マネージャー v2動的変数
creative_idad_id

新バージョンでサポートされていない他の動的変数は、ウェブ安全用文字で変換(%エンコード)され、広告マネージャー v2では使用できませんのでご注意ください。

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

送信しました!
thank you

フィードバックありがとうございます。
記事の改善に努めてまいります。

どのような問題がありましたか?

「その他」の場合はコメントにて詳細をご記入ください

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

計測・レポート

×