新広告管理画面のリリースとコンバージョンタグの廃止について

概要

SmartNews Adsに新しい広告管理画面がリリースされます。

新広告管理画面(仮称: 広告マネージャーv2)は2024年2月頃にベータ版としてリリースされ、2024年中頃にフルリリースされる予定です。 ベータ版はどなたもご利用可能ですので、ぜひお試しください。

アップグレードに伴い、従来のコンバージョンタグは廃止となりますので、後継のPixelタグをご活用ください。(参照:コンバージョンタグの廃止について

広告マネージャーv2の特長

1. 業界標準の3階層のアカウント構造とわかりやすいUI

【キャンペーン ー 広告グループ ー 広告】のアカウント構造を新たに採用することで、ユーザーが利用しやすく、システムが配信最適化しやすい構造に進化します。

UI(ユーザーインターフェイス)もキャンペーン目的別に整理され、使い勝手が向上します。

2. SmartNews for docomo面配信による広範なリーチ

2024年春頃にdocomo「マイマガジン」からアップデートされる「SmartNews for docomo」により、従来より広範なユーザーにリーチでき、広告効果の改善も期待されます。

3. 計測精度・安定性が高められたPixelタグを全面採用

Pixelタグ(ピクセルタグ)はコンバージョンタグ(CVタグ、CV.js)に代わるSmartNews Adsの標準サイトタグで、従来のコンバージョンタグに比べ計測精度・安定性が高められています。

Pixelタグを全面採用することで、配信最適化と計測の両面を改善します。

※ 広告マネージャーv2では、現行のコンバージョンタグは廃止予定です。早めのタグ移行を推奨いたします。
(参照:コンバージョンタグの廃止について

4. 新アルゴリズム

Webサイトの複数地点に設置したPixelイベントを活用し、イベントデータを複合的に最適化することで、パフォーマンスアップが見込まれます。

従来のキャンペーン(v1)では1地点のCVのみをシグナルに最適化していましたが、新キャンペーン(v2)では、Pixelタグから送られてくる複数地点のシグナルを複合的に加味して配信が最適化されるようアップデートされています。

最適化シグナルの増加により、CV見込みが高いユーザーの特徴を早期に学習し、広告効果改善がなされます。

5. 業界標準の計測指標

Standard Adsの動画ビューアブルインプレッション(vimp)の定義が変更されます。(50% 以上の領域が 2 秒以上表示された回数)

広告マネージャーv2を使うには

2024年2月頃(予定)にオープンβとして、広告マネージャーv2がリリースされます。

SmartNews Adsアカウントをお持ちの方であればどなたでも、Eメールで届く確認コードでログイン機能を使うことで利用できます(広告管理画面トップに広告マネージャーv2へのリンクが出現します)。

従来の広告管理画面と広告マネージャーv2は同じシステム内で利用できますが、広告アカウント内のキャンペーンは広告管理画面のバージョン毎に別で管理されます。

そのため、従来の広告管理画面で作成したキャンペーンは広告マネージャーv2には表示されません。

レポートも同様に、従来の広告管理画面で作成したキャンペーンの配信結果は従来の広告管理画面にのみ表示され、広告マネージャーv2で作成したキャンペーンの配信結果は、従来の広告管理画面には表示されません。

詳しくは本ドキュメント下部「広告マネージャーv2でできること・従来の広告管理画面でできなくなること」をご確認ください。

広告マネージャーv2への移行

UI刷新やコンバージョンタグの廃止、従来の広告管理画面廃止、そしてパフォーマンス向上が見込めることから、随時広告マネージャーv2への移行をお願いいたします。

特に、コンバージョンタグからPixelタグへの移行は必須となりますので、リリーススケジュールをご確認の上、サイト内へPixelタグの実装をお願いいたします。

Pixelタグの利用方法は以下の記事をご参照ください。

リリーススケジュール

※各スケジュールは現在の想定であり、変更の可能性があります。具体的な日程は決まり次第、情報を更新いたします。

広告マネージャーv2オープンβリリース(2024年2月頃見込)

  • 確認コードでログイン」機能を使うことで、SmartNewsAdsアカウントをお持ちの方であればどなたでも広告管理画面トップに広告マネージャーv2へのリンクが出現し、ご利用いただけます。
  • Web案件に限り、実際にキャンペーンを作成し広告配信が行なえます。

Insights APIリリース(2024年2月下旬頃見込)

  • 広告マネージャーv2での配信結果をAPI経由で取得できるようになります。
  • 従来のAPIに変更を加えることなく取得される情報が拡充されます。そのため、ソースコードに変更を加えずとも従来のデータは取得され続けます。
  • 詳しくはGitHubで公開しているAPI仕様ページが更新される予定です。
    https://github.com/smartnews/smartnews-ads-advertising-api-spec/
  • GitHubのWatch機能をご利用いただくことで更新時に通知が届きます。適宜ご活用ください。

Web案件機能のフルリリース・コンバージョンタグ利用制限・移行支援ツール提供(2024年5月頃見込)

  • ログイン時のデフォルト画面が広告マネージャーv2に切り替わります(従来の広告管理画面にも移動可能です)。
  • 従来の広告管理画面上からキャンペーンを移行するための移行支援ツールが提供されます。移行支援ツールを使うと、従来の広告管理画面に表示されているキャペーンを広告マネージャー v2に移管させることができます。
    (一部利用できないキャンペーンがあります。特にコンバージョンタグで最適化しているキャンペーンは移行できない予定ですので、従来の広告管理画面でもPixelタグの利用を推奨いたします。)
  • 従来の広告管理画面で使われていたコンバージョンタグは新規発行できなくなります(ダウンロードできなくなります)。
  • 従来の広告管理画面では、引き続きキャンペーンの編集と配信を行うことが可能で、配信結果も確認できます。

コンバージョンタグのサポート終了とWebコンバージョン目的のキャンペーンの新規作成停止(2024年6月3日見込)

  • 従来の広告管理画面では、この日よりWebコンバージョン目的のキャンペーンを新規で作成できなくなります。キャンペーンの編集と配信、その配信結果を確認することは可能ですが、コンバージョンタグを使った計測は保証対象外です。

従来の広告管理画面の終了(2024年末見込)

  • 従来の広告管理画面にアクセスできなくなります。APIでも同様に従来の広告管理画面で作成したキャンペーンの情報取得ができなくなります。

広告マネージャーv2でできること・従来の広告管理画面でできなくなること

※各スケジュールは現在の想定であり、変更の可能性があります。具体的な日程は決まり次第、情報を更新いたします。

機能/リリース時期Openβ2024年 3月頃2024年
春頃
フルローンチ2024年
年末頃
備考
アカウントID/Passwordによるログイン確認コードでログイン」をお使いください
配信目的Web案件の配信
App案件の配信開発完了次第リリース
DynamicAds
オーディエンスオーディエンス:デモグラターゲティング
オーディエンス:興味関心ターゲティング
オーディエンス:キーワードターゲティング機能強化の上別途リリース予定
オーディエンス:類似ターゲティング機能強化の上別途リリース予定
APIInsights API
(認証方式の変更あり)
Management API
(API仕様の変更あり)
新機能Pixelタグのバリデーション(発火確認)
Pixelイベントによるリターゲティング
Pixelイベントのブレークダウンレポート開発完了次第リリース
従来の広告管理画面従来広告管理画面のコンバージョンタグダウンロード×××
従来広告管理画面のキャンペーン作成××
従来広告管理画面のInsights API×
従来広告管理画面のManagement API×
従来広告管理画面からの移行支援ツール
(2024-02-14更新)
×