IDFAのないユーザーへのアプリインストール広告配信・設定方法

概要

Standard Adsにて、IDFA(Identifier for Advertisers)のないユーザーへのアプリインストール広告配信を行う機能です。

IDFAのないユーザーへのアプリインストール広告配信とは

iOSにてATT(App Tracking Transparency)未許可のユーザーなど、IDFAのないユーザーにアプリインストール(App Installations)目的の広告を配信する機能です。

尚、本機能はコンバージョン(CV)計測ツールとしてAppsFlyer・Adjust・Branchをご利用のキャンペーンのみ利用可能です。

特徴

  • IDFAのないユーザーにアプリインストール広告の配信が可能です。
  • 対応MMP(モバイル計測パートナー)はAdjust・AppsFlyer・Branchです。
  • MMPのProbabilistic計測を利用したコンバージョン計測が可能です。
    ※各MMPでの設定必須ですので、代理店・広告主様側での設定が必要です。詳細は各MMPの設定方法をご確認ください。

参考

設定方法

設定手順

1App Installations( アプリインストール)目的のキャンペーンを作成します。
2任意のオーディエンス、配信設定を行います。
※ユーザー定義オーディエンスとして「IDFAを利用したオーディエンス」をターゲティングまたはターゲティング除外設定している場合は、IDFAのないユーザーへのアプリインストール広告配信機能は動作しませんのでご注意ください。
3キャンペーン情報を入力欄にある「コンバージョン計測ツール」にてAdjust・AppsFlyer・Branchを選択します。
4選択すると、「IDFAのないユーザーへのアプリインストール配信」が変更可能になるので、配信を希望する場合オンを選択ください。
5MMPの管理画面にて、コンバージョン(推定)がポストバックされるよう設定します。詳細は各MMPの設定方法をご確認ください。

参考

注意事項

  • Adjust、AppsFlyerのコンバージョン(推定)機能を利用している場合、IDFAのないユーザーへのアプリインストール広告以外のキャンペーンにおいてもコンバージョン数値は自動的にコンバージョン(推定)+コンバージョンの合算数値になります。
  • iOS14.5以降、MMP側のProbabilistic計測機能を設定せずにIDFAのないユーザーへの配信機能をONに設定すると、配信ユーザーは維持もしくは増加しますが、IDFAなしユーザーからのインストールがポストバックされないためCPI(Cost per Install)が高騰する可能性がございます。必ずMMP側の設定を代理店・広告主様で行ってから配信いただくようお願いします。
  • オーディエンス設定で「モバイル広告IDリストをアップロード」「アプリイベントを指定し設定」の2パターンで作成したオーディエンスをキャンペーンで設定するとIDFAのないユーザー配信が適用されませんので、それ以外のオーディエンスでキャンペーン設定をお願いします。 
この記事は役に立ちましたか?
3人中 3人が「役に立った」と言っています

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

送信しました!
thank you

フィードバックありがとうございます。
記事の改善に努めてまいります。

どのような問題がありましたか?

「その他」の場合はコメントにて詳細をご記入ください

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

キャンペーンを作成する

×