運用型広告(Standard Ads)|特定のユーザーリストに類似したユーザーリストを作成する

類似オーディエンスについて

既存のセグメントに含まれるユーザーに似ているユーザーのリストを作成することができます。この時選択されたセグメントを ”シードオーディエンス” と呼びます。

作成にあたり、以下のパラメータを設定することができます。

  • オーディエンスサイズ (5・10%・15%・20%・25%・30%)
  • OS
  • 性別

オーディエンスサイズとは、SmartNewsの何%のユーザーを類似ユーザーとして含めたいかを表します。
もしも5%を選択した場合、SmartNews全体のユーザーから似ている順に5%のユーザーがこのセグメントの中に含まれます。

シードオーディエンスに含まれているユーザーは新規作成されるオーディエンスの中に含まれません。

シードデータのオーディエンスは拡張の際に除外されます。
よって、類似拡張のみで配信してしまうと最も配信したい対象(シードデータ)が外れてしまうため、シードデータと拡張を結合する必要があります。

設定方法

TOPページ>オーディエンス設定>オーディエンス一覧>オーディエンス詳細

1[オーディエンス設定]を押下します。
2オーディエンス一覧から類似オーディエンスを作成するための対象オーディエンスを選択します。
3オーディエンス詳細画面で右上の[類似オーディエンスを作成する]を押下します。
4[オーディエンスサイズ]を選択します。
5[OS]を選択します。
6[性別]を選択します。
7名称、説明を入力します。

※名称はユーザー様の管理用となるため配信に使用されることはありません。
※説明は任意となるため必須ではありません。

8[この内容で作成]を押下します。
9シードデータと拡張後のデータを結合します。
結合オーディエンスの作成方法については複数のユーザーリストを結合するをご参照ください。
10作成したオーディエンスをキャンペーンに設定 します。

 ※オーディエンスデータのステータスが作成済みになったらキャンペーン作成画面で設定可能です。

注意事項

  • 類似拡張オーディエンスを作成した場合、拡張元のオーディエンスは生成後の類似拡張オーディエンスに含まれません。拡張元データのユーザーにも配信をご希望の場合には、拡張元との結合オーディエンスを作成し設定してください。
  • 類似オーディエンスを作成する元のデータサイズが50以下ですと作成ができません。
  • 正しく類似拡張オーディエンスが作成されない可能性がある為、シードオーディエンスがデータ準備中の状態では類似拡張を行わないようにお願いいたします。
この記事は役に立ちましたか?
2人中 2人が「役に立った」と言っています

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

送信しました!
thank you

フィードバックありがとうございます。
記事の改善に努めてまいります。

どのような問題がありましたか?

「その他」の場合はコメントにて詳細をご記入ください

ヘルプに関するお問い合わせはこちら

キャンペーンを作成する

×